System-Pは、35mmCOMのリーディングカンパニーです。

システム・プランニング株式会社
システム・プランニングについて システムのご案内 導入事例 業界トピックス お問い合わせ

ホーム > 情報保存の意義


情報保存の意義

製造物責任法(PL法)は、製造物の生い立ちを記録した図面の実在証明を要望する法律です。図面情報の成立時期と実在を証明することで、その責任は果たされます。


情報記録保存の目的と必要性

Complianceへの対応
日々厳しくなる情報公開に備えるためには、情報の確実な記録保存が求められます。

技術情報の資産価値とは
技術情報は、製造業において知的財産であることを前提に、情報の損失、漏洩を防止して、適切な記録保存を考えます。

情報を生かすための理想的管理方法とは
記録情報は、活用されてこそ生かされるのです。詳しいシステムに関しては、右記の「システムのご案内」より参照ください。


このページの先頭へ

Complianceの対象とは?

Complianceは主にPL法(製造物責任法)、情報公開法(行政図書)、さらに近年成立する見込みの日本版SOX法(企業内部統制情報)等に起因する情報公開要望への応諾です。

対象者
(法人団体を含む)

保存しておくべき情報の種類

製造業

製品情報(設計およびBOM情報)、研究開発情報

行政機関

法制情報(保存義務図書)

民間企業全般

企業活動、商業諸表情報(企業内部統制情報)


このページの先頭へ

システムのご案内

金融業界
〜35mmCOMシステム〜

建築業界
〜竣工図書デジタル化・アウトソーシングのご案内

製造業
〜35mmCOMによるドキュメント管理

A&Dアーカイブセンター
〜アナログ&デジタルアーカイブサービス


システム機材販売のご案内

Polycom 4000 II 35mmCOMプロッター
輸入・販売・メンテナンス

〜MICROBOX (ドイツ)〜

book2net 高速カラーブックスキャナ
輸入・販売・メンテナンス

〜MICROBOX (ドイツ)〜

book2net Kiosk Public

book2net Kiosk A2 Production

book2net Kiosk A3-400

book2net FLASH

book2net ULTRA

book2net COBRA


お問い合わせ。ご相談はこちらからどうぞ


TOPページ会社概要お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ

鮮明な画像を永久保存。電子化データおよびデジタルマイクロフィルムのことならお任せください。
システム・プランニング株式会社
〒243-0405 神奈川県海老名市国分南1-2-23 2001ビル
TEL: 046-234-5688/ FAX: 046-234-5554 Email: iis@system-p.com


Copyright (C) 2012 System Planning Co., LTD. All Rights Reserved.